発信における、文章力の重要性【解説】

発信における、文章力の重要性【解説】

 

見返すと自分の文章は意外とひどい

積極的に発信されている方には共感して頂ける体験だと思うのですが、完璧と確信した文章でも

後々、見返すと出来がイマイチだったり、構成が不自然に感じることがあるかと思います。

特に文字数制限の厳しいTwitterなどで起きやすく、文章力でお悩みの方も多いのではないのでしょうか。

 

文章力が低い原因とは

文章力や文章構成力が低い最大の原因は、記述量が足りないことにあると筆者は考えています。

20万文字くらいの文章を書くことで、文書力は当初に比べて飛躍的に上昇しますし

文章力の向上だけでなく、多くの副産物も得ることが出来るので記述量を増やす行為は

良質な発信において最も重要な要素だというのが筆者の見解です。

 

今回は


発信における文章力の重要性や
効果的に文章力を向上させる方法



について解説していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

文章力が低いことで生じるデメリット

 

望まない解釈をされかねない

文章力が低いことで、本来伝えたいはずの情報が誤ったニュアンスで伝わる危険性があります。

多少の解釈の違いであれば大きな問題ではありませんが、

場合によっては炎上しかねないので、文章力の向上は発信において重要だと言えるでしょう。

 

ビジネス的な説得力に欠ける

「文書力=聡明の指標」といっても、決して大げさではないと筆者は思います。

発信者の文章力が低いと、内容の的は得ていたとしても聡明な印象から離れてしまい

受け手の立場からは、説得力のない意見としか捉えられない可能性があります。

 

 

 

 

 

文章力が高いことで生じるメリット

 

ポジティブなイメージを抱かれやすい

前述したように、文章力が高いと聡明な印象を受け手に抱かれやすいです。

加えて、丁寧な文章だと優しそうな人だったり、親切な人という印象を与えやすく

受け手と安全なコミュニケーションを図ることができると筆者は考えております。

 

ポートフォリオとしての評価向上

ブログなどの記述量が多いものに限定されると思いますが、

高い文章力で構成されたコンテンツはポートフォリオとしても機能します。

特にライターや編集者においては、有利に働くので高い水準の文章力は非常に重要と言えるでしょう。

 

 

 

 

 

文章構成力を向上させる効果的な方法

 

Twitterで事象をまとめて発信する

Twitterは140文字の文字数制限が設けられており、高い文章構成力が求められます。

そのためニュースや事象を140文字以内にまとめて発信することで、

無駄のない文章構成力が高いレベルで身につくかと思います。

 

語彙力を向上させる

少しでも意味が曖昧な単語は、めんどくさくても必ず調べるべきだと思います。

語彙力が増えることで、文字数制限に対して柔軟に対応できるほか

多くの単語で構成された意味を、1つの単語に要約することで純度の高い情報伝達を可能とします。

 

 

 

 

 

まとめ

  • 文章力が低いと博学な印象はつきにくい
  • 文章力が高いだけで説得性は増す
  • 文章構成力は成果物に成りうる
  • 文章構成力を向上させるならTwitterを活用する
  • 文章力を向上させるなら語彙力を鍛える

  

いかがでしたでしょうか。

 

文章力が高いという単純なスキルだけで得られる恩恵は副産物も含めると非常に多く

直接は関係のない、エンジニアやプログラミングに関する情報も

発信の際に、高い文章力というスキルが付随するだけで、拡散力に大きな違いをもたらすかと思います。

今回、ご紹介させていただいた方法を是非、お試しください。

 

以上、中卒エンジニア@Rienでした。

 

 

  

Web系エンジニアの90%は、Macを使っている。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です