エンジニアが言う「モテる」って、なんか違うくない?

エンジニアが言う「モテる」って、なんか違うくない?

 

従来のエンジニア像

近年、ドラマ化されるほど「ITエンジニア」の注目度は上昇しているのですが、実際のエンジニアとは違い、根暗でコミュニケーション能力が低いイメージが未だに根付いています。

 

「モテるエンジニア」ブームへ

そういったイメージを払拭するために、有名インフルエンサーの方々が積極的に「イケてる・モテるエンジニア像」を発信するようになり、エンジニア業界ではそのイメージが割と定着してきています。

 

今回は


エンジニア界隈の「モテる」に対する疑問



について解説していきます。

 

 

 

 

 

 

筆者のプロフィール

 

 

 

 

 

初学者向けの、HTML技術書

 

 

 

 

 

そもそも、「モテる」とは?

そもそも誰にでもモテることは、本当にモテているのか

そもそも、エンジニアが方が言う「モテる」というのは、一体どの程度のものなのでしょうか。

 

エンジニアの方が異性交流を図る手段として、よく目にするのが「合コン」と「ナンパ」です。

筆者が違和感を感じた部分はまさしくここでして、「そもそも合コンやナンパにくる女性にモテることは、果たして本当にモテているのか」という疑問について考えてみました。

 

合コンやクラブではモテるとは言わない

筆者は合コンやナンパに来る女性は、異性交流を目的に来ている場合も多いため、交際までの障壁が低いです。統計はありませんが、一般的に合コンやクラブに来る女性は貞操観念が低いといわれており、そういった部分を考慮しても、やはりそういった場でモテることは、本当にモテることとは違うのかなと思います。

 

筆者が思う「モテる」ということ

では、本当にモテるとは一体どういうことなのか。

まず、「高い貞操観念」は女性側に求める最低条件となってくるでしょう。

その上で、会話の中で相手から発生する好意から、進展していく恋愛こそが本当の意味での「モテる」ということなのかなと筆者は思います。

 

 

 

 

 

エンジニアの「モテる」は、モテてはいない説

「モテる」と「ヤレる」の違い

インフルエンサーの方々の発信を見ていて、そもそも「モテる」と「ヤレる」ということを混同しているのではないのかと筆者は推測しており、「モテる」というのは恋愛成就が前提とした概念で、「ヤレる」というのは和姦を前提とした概念ということを理解していないのかと思います。

 

地味なエンジニアの方が良いかも

上述したような女性をターゲットに「モテる」ためには、現在ブームになっているパリピエンジニアよりも、従来の根暗エンジニアの方がモテやすいと思うのは筆者だけでしょうか。

 

筆者はファッションに関しての趣意は割りと深いほうだと思うのですが、パリピエンジニアのファッションを見ていると無理してる感が否めないなと。

 

どうも今のパリピエンジニアブームはおかしな方向にいってるのではないか?というのが筆者の見解です。

 

まとめ

  • モテるとヤレるを履き違えない
  • パリピエンジニアの無理してる感は否定できない
  • 良い女は合コンにもクラブにも来ない
  • 根暗エンジニアの方が、モテそう

  

以上、中卒エンジニア@Rienでした。

  

 

 

Web系エンジニアになるなら、Mac Book

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です