プログラミング学習の前に全体像を把握しよう

プログラミング学習の前に全体像を把握しよう












プログラミング学習について

中学生男子のなりたい職業ランキングで1位を取るほどブームになっているプログラミング。ブームとなる一方でプログラミングの具体的な学習方法が分からず挫折してしまう方も多いです。


本サイトでは、初学者レベルのプログラミング学習方法や技術を、全て無料で公開しており、プログラミングを全く知らない未経験者から初学者までを対象とした丁寧な講座を用意しています。今回は『プログラミング学習の全体像』についてご紹介していきたいと思います。






プログラミング学習の特徴

プログラミング学習の難しさ


非常に幅広い知識が必要

エンジニアになるためにはプログラミングだけでなく、通信やサーバーなどのミドルウェア、機械本体やOS(動作システム)などのハードウェア的知識も求められます。少し大げさに言えば、大体のIT知識が必要となってくるので、ITリテラシーが低い人ほど膨大な学習量が必要となります。

一人では効率よく勉強できない

個人差はありますが、基本的にプログラミング学習の自力での独学は、余程のモチベーションが無い限り難しいです。事前知識が少なければ少ないほど、遠回りしてしまう可能性も高くなるため、メンター(指導者)を探したり、教材やスクールで学習するのがポピュラーとなっています。

挫折率が非常に高い

明確な統計こそないものの、独学でのプログラミング挫折率は9割とも言われています。体感であるため、実際とは異なるかもしれませんがSNS上で挫折された方は結構います。プログラミング学習は上述したように膨大な学習量を必要とするため、挫折しやすくなっています。




プログラミング学習で得すること


忍耐力が身につく

プログラミング学習をある程度済ませたら基本的にはポートフォリオ(プログラミングで制作した作品や成果物のこと)を作ります。ポートフォリオ作成中はコードを書いては、エラー修正の繰り返しなので、高い忍耐力が身につきます。(エラー修正は本当に精神が鍛えられます (´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`))

ハードウェアの知識が増える

どの分野の開発を行うかで変わってきますが、OSに干渉するようなポートフォリオを作成する際は、かなりハードウェアに詳しくなれます。(詳しくならざるを得ない)また、プログラミング学習前よりも純粋にPCの仕組みやスペックに関して詳しくなっているケースも非常に多いです。

IT関連の最新情報に詳しくなる

後述するように、プログラミング学習ではSNSなどで情報をキャッチアップしていく必要があるため、必然的にIT関連の最新情報に詳しくなります。


勝又健太さんや酒井潤さんなどのITエンジニア系インフルエンサーの発信をマークするだけでも得られる知識は多いので、自発的に情報を得るとなると、かなりのスピードでIT業界を体系的に理解できるでしょう。






プログラミング学習の手順

プログラミング学習に必要なもの

PC(デスクトップ or ノート)

モバイル端末だけでプログラミング学習をされている方をたまに見かけますが、PCは必須なので用意しましょう。

学習用であればスペックは低くても問題ありませんが、金銭的に余裕があればプログラミングをするために必要な準備(環境構築)が比較的容易に行えるMacをおすすめします。


Udemyや技術書などの教材

独力でのプログラミング学習は可能ですが、高確率で遠回りしてまったり、間違えて覚えてしまうためUdemy(動画学習サイト)などの動画教材や専門の技術書を購入する必要があります。

※当サイトの講座は教材を買わなくても学習できるように、構成しています。


オンラインサロン もしくは SNS

プログラミング学習ではメンター(指導者)がいるのといないのでは、進歩状況に大きな差を生みます。

もちろん自分で考えてから質問するのが大前提なのですが 、本当に分からないときに教えてもらう人が居ることはプログラミング学習においても重要です。

オンラインサロンやSNSなどでIT情報を発信し続け、メンターや同レベルの初学者と繋がりを持つことを強くおすすめします。




プログラミング学習のフロー(流れ)について

マークアップ言語をざっくりと知る

HTMLやCSSなどのWEBページを構成している最表面(飾りのような部分)の言語を、マークアップ言語といいます。まずはプログラミング言語の前にマークアップ言語を知り、WEBサイトの基礎を知るところから始めましょう。そこまで詳しくなくても特に問題ありません。

フロントエンド or バックエンド言語の基礎を学ぶ

マークアップ言語をざっくりと理解したら、いよいよプログラミング学習の開始です。プログラミング言語は、『デザイン要素の強いフロントエンド言語』『サーバーサイド(裏方的な)要素の強いバックエンド言語』の2つに分けることが出来ます。


どちらの言語も基礎部分の内容は変わらないので、気にする必要はありませんが、まずは理解することが先決なので、未経験者でも読みやすく理解しやすい『Python』というバックエンド言語の習得ことをおすすめします。

ポートフォリオ(作品)を作る

プログラミング言語をある程度理解できるようになったら、ポートフォリオと呼ばれるプログラミングで開発した成果物(作品)を制作していきましょう。


最初は物凄く簡単なシステム(じゃんけんゲームなど)で構いません。プログラミング学習は『ポートフォリオ制作→学習で技術力アップ』のフロー(流れ)を繰り返してスキルアップしていくのがポピュラーです。






プログラミング学習前の未経験者の方へ

プログラミング学習を独力で続けるのは非常に難しいことです。そのため現在はスクールに通うことも珍しくないのですが、プログラミングスクールの価格は非常に高いです。スクールに通ってもITエンジニアとして業務を行えるレベルには到底達しません。


本サイトでは、『誰もが無料でプログラミングを学べる』をモットーに運営しております。プログラミングスクールレベルまでの学習法や教材を全て無料で公開していきます。未経験者の方でも気楽に学習できるように、専門用語なども細かく解説しています。


プログラミングスキルを身につけるのは、余程優秀で向上心の高い方でない限り難しいです。精神的にも経済的にも無理をしないプログラミング学習を一緒に頑張りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です